写真展

            [b][size=large][color=660033]過去の主な写真展 Past Exhibition[/color][/size][/b] [img align=left]http://www.himekokodama.com/xoops/uploads/img45cdb7ab31e58.jpg[/img] 児玉姫子写真展「Passers-by 静かな肖像」 2006年3月23日(木)-3月31日(金) 10:30a.m-7:00p.m 最終日3:00p.m迄 無休.入場無料  コニカミノルタプラザギャラリーにて。 今回の作品はB&Wインクジェット紙24incx30inc(610mmx762mm)38点出品しました。 また会場の半分のスペースには、一人の人物を2cutの対で表現しました。 Himeko Kodama photo exhibition [i]"Passers-by Tranquil Portraits" [/i] March 23 (Thu) - 31 (Fri), 2006  10:30 a.m.-7:00 p.m. Open every day & Free Last day close 3:00 p.m Konica Minolta plaza Gallery C in Shinjuku Tokyo.                [img align=left]http://www.himekokodama.com/xoops/uploads/img45cdb969a8170.jpg[/img]Passers-by in Omotesando 2005.5.11(水)-6.14(火)[url=http://www.laune-life.com/life/culture/index.html][color=000099]ラユンヌカフェ[/color][/url] モノクロ作品14点(11X12inc) 青山、表参道を中心に東京の街を行く人々のポートレイトを撮影してきました。その表参道での写真展。 〒107-0061 東京都港区北青山3-6-1ハナエモリビル1F TEL.03-6418-1132 FAX.03-5485-9321 [b]Himeko Kodama Photo Collection、Passers-by in Omotesando[/b] May 11 (Wed) _ June 14 (Tues), 2005 As you know, Omotesando and Aoyama are the main areas where I spent many a day shooting portrait photos of passers-by. And, I had finalized arrangements to hold a month-long exhibition at the street-level [url=http://www.laune-life.com/life/culture/index.html][color=000099]LauneCAFE[/color][/url]" in the Hanae Mori Building, Omotesando. 1F Hanae Mori Building 3-6-1 Kita-aoyama, Minato-ku, Tokyo. 107-0061 Tel: 03-6418-1132                                [img align=left]http://www.himekokodama.com/xoops/uploads/img42158b6893209.jpg[/img]第3回千の会写真展「白黒色々」グループ展 2003年11月20日(木)〜3日(水) アイデムフォトギャラリー シリウス新宿 モノクロ 半切(11X14inc)24点 千の会は、社団法人日本写真家協会へ2000年度に入会したメンバーで結成した会。3回目は、白黒作品展でした。日々、時代はデジタル化の道を進んでいますが対極にあるモノクロ写真をあえて選択しました。会員にとってもカラーやデジタルが仕事の中心となっているため、モノクロ写真の美しさを再認識し写真の原点に戻る試みでもありました。 [img align=left]http://www.himekokodama.com/xoops/uploads/img42158b1145633.jpg[/img]「彩姫展」2人展  2003年10月7日(火)〜19日(日) フォトギャラリーJy青山  2001年の始めての個展から、すべてモノクロの写真展を開催してきましたが、この写真展では、今成彩さんのカラー写真の花々との始めてのジョイント写真展でした。私の写真は、スタジオで女性達を撮った写真(半切のモノクロ)でしたので、彼女のすこし暗くシックな色との調和が美しい写真展になりました。 「4月の写真展」公募展 2003年4月15日(火)〜20日(日) フォトギャラリーJy青山  [img align=left]http://www.himekokodama.com/xoops/uploads/img421f45b4622af.jpg[/img]児玉姫子写真展「街で出会った肖像達」個展    2003年3月11(火)〜3月23日(火) フォトギャラリーJy青山 街に出ます。道行く人たちは、次々と私の目の前を、通り過ぎていきます。 人の存在感の受け止め方は、1人1人違います。また、その時々で、変わっていきます。私はこの人々の中から、どうしてその人だけを選び、カメラを向けるのか? ポートレイトは自分自身を写しているとよく云われますが、時と共に移り変わっていく私自身が、その時その人に何かを感じて、撮影しています。そして、その人達の見つめる視線のレンズの先には私の存在があり、そこに写し出された人達によって、私自身がそこに記録されてきたように思います。   [img align=left]http://www.himekokodama.com/xoops/uploads/img42158ae67eecc.jpg[/img]PORTRAITES EXHIBITION」企画展 2002年10月15日(火)〜27日(日) フォトギャラリーJy青山 SELECT2001」公募展 2002年6月11日(火)〜16日(日) フォトギャラリーJy青山  第30回APA入選展  2002年5月11(土)〜5月26日(日) 東京都写真美術館             [img align=left]http://www.himekokodama.com/xoops/uploads/img42158abc96412.jpg[/img]児玉姫子写真展「静かな肖像達」個展    2002年2月5(火)〜2月21日(火) フォトギャラリーJy青山                            青山、表参道、渋谷、新宿、銀座ノ街には多くの人々が集まってきますが、自分とつながりのない人は、ただの通行人でしかありません。その中で、時々、気になる存在の人がいます。雑踏のなか、何かその人の周りにだけ静かな空気が漂っている......それは性別、年令、人種に関係なく気になる存在です。このわずかな瞬間に出会って、私の前から立ち去って行った人々を、一枚の作品にしました。 「SELECT2001」公募展 2001年11月13日(火)〜18日(日) フォトギャラリーJy 「Thanks」グループ展 2001年11月13日(火)〜18日(日) フォトギャラリーJy [img align=left]http://www.himekokodama.com/xoops/uploads/img42158a743bd2f.jpg[/img]児玉姫子写真展「何処でもない此処」個展    2001年2月6(火)〜2月18日(日) フォトギャラリーJy青山            モノクロ 10x12(四ッ切)28点                     私のいるべき場所は海を越えた遠い何処かに、きっと在ると信じていました。 そのような場所に行く機会があるたびに、その土地が、私を手繰り寄せているのだと思っていました。しかし、何を見ようが、何を体験しようが、一枚のフィルターを通した窓からそれらを眺めている。私はそこではただの異邦人。私の場所は、いったい何処にあるのでしょうか?何年か振りに、また此処に帰って来た。長い間、それを認めようとしなかったのですが、私の生まれ育ったこの土地こそ、他の何処でもない私の此処でした。何もかも線でつないでいく車社会。地名を聞かなければ、何処も同じようになってしまった、日本の無機質な郊外の風景、そして此処も同じ、、、。しかし、私が長い間、彷徨い探し求めていた場所は、此処だったのです。     2000JPS展 2000年5月上野の森美術館 日本写真家協会主催。JPSの会員はこのコンペテションには参加出来ないので、この年会員になる前に応募しました。  カラーネガプリント 1点 10x12(四ッ切)                           「SELECT2000」公募展 2000年7月ギャラリーJy このギャラリーで始めて写真展に参加したのがきっかけで、次の年の個展「何処でもない此処」のモノクロの写真展につながっていきました。出品した作品は私の故郷の秋田の凍てついた雪景色をすべてブルーのトーンで表現しました。 カラーポジプリント 5点 10x12(四ッ切) 「Luky15十1」グループ展 1999年7月東京都写真文化館 Work shop corpus14期グループ展。カラーコピー(この時の流行の表現でした)を無秩序に張り付けたもので、これが始めての写真展(?)というものでした。


サイト名: Himeko Kodama Photography
http://www.himekokodama.com/xoops

この記事のURL:
http://www.himekokodama.com/xoops/modules/xt_conteudo/index.php?id=12